メンタル

瞑想効果がすごい!?? 今すぐできる簡単なやり方を3つ紹介します!

あなたは、「瞑想をしたことありますか?

瞑想は、心のトレーニング法として、数千年以上にわたって実践されてきました。

現代では、様々な実験によって実証されたことで医療や心理学の観点から、ストレス・不安を緩和に効果があるトレーニングとして使われています。

世界的に有名な会社が、従業員のパフォーマンスを上げるために、会社のルーティンとして、瞑想を使っています。

本記事では、瞑想のすごい効果とやり方を紹介していきます。

こんな人におすすめ!!

  • 瞑想を始めてみたい人
  • 瞑想のメリットを知りたい人
  • 瞑想の具体的なやり方を知りたい人

瞑想って何?本当に意味があるの?

瞑想とは、一言でいえば「今この瞬間に戻るトレーニング」です。

人の思考は、何もしないでぼーっとしていれば思考が未来のことを考えたり、過去のことを考えたり、心配したり不安になったり、過去に失敗したことを思い出したり、空想したりします。このように人を思考は止まることなく無駄に考え続けて、さまよいます。

瞑想は、そんな思考と向き合えるためのツールです。

瞑想で今この瞬間に戻すことによって、ストレスを軽減したり、心の穏やかを取り戻したり、目の前に集中すことを簡単にしてくれます。

科学的に証明された瞑想のメリット

ストレス・不安が緩和される

1つめは「ストレス・不安が緩和される」効果です。

これは、人々が瞑想を試みる最も一般的なメリットです。

たとえば、薬学生を対象とした研究では、6週間ヨガと瞑想を学生たちされてもらった結果は、不安とストレス減少がみられた。

または、瞑想中、私たちの脳からα波と呼ばれる脳波が出ます。α脳波は脳をリラックスさせる状態にしてくれて、ストレスを沈めてくる効果があるです。

参考:Impact of a Yoga and Meditation Intervention on Students' Stress and Anxiety Levels 瞑想するとどんな脳波が出る?ガンマ波の出し方や効果について徹底解説!

ポジティブになる

2つめは「ポジティブになる」効果です。

ストレス・不安を和らげることだけではなく、前向きにしてくれることも瞑想の有名なメリットです。

たとえば、3500人以上の成人を対象とした研究では、マインドフルネス瞑想を行ったことでうつ状態が改善されて、ポジティブ思考になることがわかりました。

ポジションになると、前向きでやりたいことをを取り込むことができるし、生活するのに楽にしてくれます

参考:12 Science-Based Benefits of Meditation

頭の中がクリアした状態にしてくれる

3つめは「頭の中をクリアにしてくれる」効果です。

近年、ストレスの減少や幸福度といった目的だけではなく、「仕事や勉強のパフォーマンスを最大化するツールとして、使われる」ことが多くなっています。

また、Google、Intelのような世界的に有名な企業が瞑想を従業員にマインドフルネス瞑想を取り組むように瞑想プログラムに投資しているそうです。

参考:Why Google, Target, and General Mills Are Investing in Mindfulness

集中力が高まる

4つめは「集中力が高まる」効果です。

瞑想することで、集中力を高めることができる効果があります。

2020年に行われた研究では、137人の人を集めて行われました。瞑想するグループとしないグループに分かれてもらって、瞑想をさせました。その結果は、瞑想をしたグループは集中力が高まるとわかりました。

さらに、朝に瞑想を行うと、集中力が高まりやすいよ言われています。

おすすめ瞑想種類3つとやり方

マインドフルネス瞑想

1つめは「マインドフルネス瞑想」です。

マインドフルネス瞑想とは?

参考

今、この瞬間の体験に意図的に意識を向け、評価をせずに、とらわれのない状態で、ただ観ること

※ “観る”は、見る、聞く、嗅ぐ、味わう、触れる、さらにそれらによって生じる心の働きをも観る、という意味である。

出典:日本マインドフルネス学会

マインドフルネス瞑想は、「今この瞬間に、自分が何をしているのかを意図的に意識を集中させること」です。

マインドフルネス瞑想は、やり方は何種類かありますが、最もベーシックなのは、「自分の呼吸に意識する」方法です。

マインドフルネス呼吸のやり方

  1. リラックスできる環境で、安定した姿勢で座ります。背筋を力まずに、まっすぐに伸ばして、静かに目を閉じます。手は両手を軽く組みお腹の前に置きます。
  2. 自分の呼吸に意識を向けます。そうすると、息を吸って・吐くとい自然な流れを感じます。これを意識して、5~15分間を行います。

マインドフルネス呼吸をしてみるとわかりますが、自分の呼吸にずっと意識するのが非常に難しいということがわかります。人の意識は、脳に止まることなく思考が流れてくるからです。

でも、焦ることはありません。思考が流れると気づけば、意識を取り戻すようにする。これがこの瞑想の目的です。

ボディスキャン瞑想

2つめは「ボディスキャン瞑想」です。

ボディスキャン瞑想は、「身体感覚を観察する」瞑想です。

具体的には、自分の意識を自分の体に向けることで、「心身のリラックス効果」や「脳の疲労軽減」「心の働きの安定効果」などの効果が得られます。

ボディスキャン瞑想のやり方

  1. リラックスができる場所で、好きな姿勢を取ります。ただし、安定した姿勢にするようにしましょう。
  2. 静かに目を閉じ、足元から頭まで自分の体がどんな変化をしているのかを意識していきます。
  3. 頭まで行ったら、ゆっくと目をあけます。

ボディスキャン瞑想は、音声による誘導に沿って行うと、身体の部位や感覚に注意を向けやすくなります。

初めてボディスキャンを行う方は、音声を聞きながら練習することをおすすめします。

歩行瞑想

3つめは「歩行瞑想」です。

歩行瞑想は、マインドフルネス瞑想の一種で、マインドフルウオーキングとも呼ばれてます。

この瞑想法は、歩くことに意識する瞑想です。

歩行瞑想のやり方

  1. 背筋を伸ばして、手を前に組みます。
  2. ゆっくりを歩きだし、この時は、心の中で「右足を前に出します」「左足を前に出します」などの行為を言います。

歩行瞑想で瞑想する時は、なるべく前を見すぎないようにしましょう。

人は、遠く見てしまうと意識がすれやすいと言われているからです。

ちょっとでも瞑想をはじめみませんか?

瞑想は、大昔からある宗教的な習慣とされていましたが、近年では医療法として行われるとても効果のある行動の1つだと思います。僕は毎朝5~15分の時間を取り、瞑想することにしていて感じました。落ち着きや集中が高まったことを感じました。特に集中力です。瞑想してる日としない日は本当に生産性が異なります。また、ストレスも不案もなくて、安定してメンタルを保っています。

こんなに生活にいい影響をもたらしているのに、宗教的だと思って行わないのは本当に勿体ないと思いますので、ぜひ騙されたと思って、毎日5分でいいので1週間続けてみて欲しいです。

-メンタル
-, , , ,