ライフスタイル

家計簿をつけることが続かない人に教えたい続けるメリット6つ。

こんにちは。winです。

みんなさんはこんな経験はないでしょうか?

自分が欲しいもののためにお金を貯めたいのに、お金がたまらない。あるいは、将来のためにお金を投資や自分のビジネスのために貯めておきたい。でも、気がついたらお金がなくなっている!!!こういう経験はだれかしらあるでしょう? 少なくとも、僕自身がそうでした。(笑)

どうしたいいのか?どうしたらお金の流れがわかるか?

答え:家計簿をつけることが重要です。

この記事はこんな人に読んで欲しい。

  • お金がどこに使われているかを把握したい。
  • お金を貯めて、自分の夢を実現したい人。
  • 無駄使いを減らしたい人。

なんだ!!家計簿かよと思う人がたくさんいると思いますが、家計簿の大事さを舐めてはいけません。

家計簿のメリットを詳し解説していきます。

支出を把握することができます。

お金がどこに使われているかを正確に把握することで、無駄な部分を見つけることができます。また、支出の傾向をつかむことができるので、将来の支出計画を立てやすくなります。

貯金をしやすくなります。

お金の流れを細かく、家計簿をつけていくと、毎月貯金に回しているのお金が、細かく確認できるので、貯金するモチベーションを維持することができます。また、貯金額を毎日のように目にすると貯金を崩すのに抵抗感が生まれるので、貯金が貯めやすくなります。

支出を減らすことができます。

お金の使い方がわかれば、無駄な部分もわかるので、無駄を減らすことができます。例えば、前月の交際費を予算よりも多く使過ぎていた場合は、交際費を減らし、翌月の支出を抑えることができます。

お金を計画的に使うことができます。

どのくらいお金をつかっているのか把握したうえで、将来的どのようにお金を使うかを計画することができます。例えば、ほしい腕時計を買うために、交際費を2万円から1万円に減らして、浮いた1万円を腕時計を買うために貯めておくことができます。このように、支出の計画をすることができます。

借金を防止することができます。

自分たちのお金の状況を把握することができるので、お金の状況によって収入と支出のバランスを調整できるため、借金する可能性が低くなります。また、借金になりえる遅延料や罰金などのような追加料金は、支出を把握しているので支払いを忘れたり支払い締め切りを過ぎることはないので、発生しません。そのため、借金も発生しません。

お金の使い方が可視化することができて、不安がなくなります。

自分のお金の使い方がわかると、なぜか心の余裕が生まれる。人間は自分にわからないものに不安に感じるので、お金がどこにつかわれているかをしっかりと確認ができれば、心理的不安がなくなります。

まとめ

家計簿をつけるといいよと色々な人に言われると思います。でも、そんな一言で言われても、「そうね~」って頷いてやってみるかってなると思います。でも、ある調査によると男性が半数、女性が約7割で挫折すことがわかっていそうです。なぜそうなるのか。それは続けるメリットが明確にわかっていないからこそ、すぐにやめてしまうと思います。家計簿のメリットがちゃんと理解して、続ける人が少しでも増えればいいなと思って、この記事を書きました。役に立てたら嬉しいです。


-ライフスタイル
-, , , , ,