習慣化の方法

「人生を変えたい人必見」朝活で人生変わる理由7つとおすすめの習慣

あなたは、朝をどうやって過ごしてるのですか?

朝をぎりぎりまで寝ていませんか?そうならば、あなたは、人生を損してるほど大きな間違いを犯しています。

朝をどう過ごすかによって、人生にとんでもなく大きな影響を与えています

それでは、なぜそんなことになるかを、朝活で変わる理由やおすすめの習慣を解説していきます。

朝活で人生が変わる7つの理由

「時間」ができる

1つめは「時間」ができることです。

人生がかわる理由として、物理的に活動可能時間が増えるからです。

また、脳の構造上、朝の時間に行う作業は、脳がクリアな状態で作業を行うため、夜の作業よりも質が高く、クリエイティブな作業に向いています。脳科学者である茂木健一郎氏によれば、朝の時間は「脳のゴールデンタイム」とも表現されています。

以上のことを踏まえて、朝の時間を有効に使う事が、「時間」ができることに繋がります。

「やりたいこと」ができる

2つめは「やりたいこと」ができることです。

朝活を有効に使うことで、仕事以外の時間が増えます。

また、朝なので静かに自分だけの時間を集中できるので、やりたいことのための環境を整えることができます。

そして、「やりたいこと」に取り組むことができれば、人生の幸福度を高めることだできます。

「心に余裕」が生まれる

3つめは「心に余裕」が生まれます。

良い1日は、朝から始まります。慌ただしく過ごしていると、何かに追われているような気がしたり、うつな気分になり、心に余裕がなくなってしまいます。

早起きにすることで、今日中にやらなければいけない仕事を整理したり、自分の目標のために時間を使ったりすることで、「心に余裕」が始まります。

そうすることで、優越感が感じられ、自信を持つことができます。さらに気持ち的にも晴れやかな、落ち着いた状態で1日を迎えることができます。

こういうことの積み重ねが自分の自信となり、人生を大きく変えてくれるでしょう。

「精神が安定し、前向き」になる

4つめは「精神が安定し、前向き」になります。

早起きすることは、メンタルが安定したり、前向きな気持ちにしてくる効果が期待できます。

さらに、朝一に日光を浴びることで、脳内にある神経伝達物質「セロトニン」というものが分泌され、精神の安定や体のリラックス効果やストレス解消などの効果ももたらしてくれます。

「いいアイデア」が生まれやすい

5つめは「いいアイデア」が生まれやすいです。

先ほども言ったように、朝の時間は「脳のゴールデンタイム」です。

特に、脳が1番冴えている時間は、朝起きて約3時間です。この時間をクリエイティブな仕事だったり複雑な問題を解決すつために朝の時間を使えば、生産性も高めることができ、いいアイデアも生まれやすいです。

「自己肯定感」が高まる

6つめは「自己肯定」が高まります。

早起きして、自分のために時間を使うことを継続することで、「自己肯定感」が高まります。

生活リズムが整い、が安定し、前向きな気持ちになり、将来の目標やりたいことに向かって挑戦することができることで、習慣になり自分との約束を守ることができれば、自分が好きになり、「自己肯定感」を高まることに繋がります。

また、人間は無意識に他人と比較してしまう癖があります。この癖をうまく利用すれば、「あいつよりも早く起きてやるべきことをしている」「おまえが寝てる間はおれは頑張っている」というように、密かに勝ったつもりになれます。

「1日が充実した気分」になる

最後7つめは「1日が充実した気分」になれます。

朝早くおきて、Todoリスト通りにやるべきことをやり、1日の目標も達成すれば、「1日が充実した気分」にしてくれます。

おすすめ習慣6選

運動する。または、散歩をする

おすすめの習慣1つめは、「運動すること」です

朝の運動は、自然と目が覚め、心も体もリフレッシュすることができます。

体力に自信がない人や朝に仕事に使いたい人には、散歩をおすすめします。外で運動することで、自然に日光を浴びることになり、セロトニンも分泌され、いい1日をスタートをきれます。

瞑想

おすすめの習慣2つめは、「瞑想」することです。

朝に瞑想をすることで、心に余裕をもたらしてくれて、落ち着いた1日ももたらしてくれます。

また、不安や心配事があるとき、頭をすっきりさせたいときに、瞑想がおすすめです。

瞑想のやり方は、こちらで解説してますので、ぜひチェックしてみてください。

瞑想効果がすごい!?? 今すぐできる簡単なやり方を3つ紹介します!

あなたは、「瞑想をしたことありますか?」 瞑想は、心のトレーニング法として、数千年以上にわたって実践されてきました。 現代では、様々な実験によって実証されたことで医療や心理学の観点から、ストレス・不安 ...

ジャーナリング

おすすめの習慣3つめは、「ジャーナリング」を書くことです。

ジャーナリングとは、脳内に浮かんだ思考や感情をそのまま白い紙に書きだすことです。これは、心を整えるマインドフルネス瞑想の一種として多く使われています。

海外の論文によると、感情をそのままに書き出すことで不安感やうつ状態を大きく改善できると報告されています。また、別の論文でも、ストレスの解消にもつながることも報告されています。

こういった習慣を、朝一に行うと、すっきり気持ちで1日をスタートできます。

Todoリスク作成

おすすめの習慣4つめは、「Todoリスト」を作成することです。

朝一は、頭がクリアだから適切な判断ができるし、優先順位を朝一につけると1日のやることが明確で、やらなければならないことを達成できやすくなります。

また、午前中は集中力が必要な仕事を、午後はコミュニケーションが必要な仕事単純作業を入れると効率的に仕事を進むことができます。

趣味に時間を充てる

おすすめの習慣5つめは、「趣味に時間」を充てることです。

普段の生活では、仕事に追われて、趣味に時間を充てることが難しい人は、早起きすることで、趣味に時間を充てることができます。

さらに、趣味に時間を与えられると、自己満足が満たされ、ストレスの解消に繋がります。

夜の時間は、どうしても仕事に追われ疲れ切った状態で趣味に時間を充てることが大変です。そのため、朝の時間を十分に活用して、趣味に没頭しましょう。

副業に挑戦

おすすめの習慣6つめは、「副業」に挑戦することです。

収入を増やしたい人は、朝の時間に「副業」をすることをおすすめします

朝は、「ゴールデンタイム」でもあるので、副業を挑戦するのに最適な時間であるでしょう。頭がクリアな状態だと集中して、作業を行えることができます。

また、資格試験の勉強するのもおすすめです。この時はできれば複雑な勉強に挑戦すると効率よく勉強できます。

朝に絶対にやってはいけないたった1つ

スマートフォンに時間を使う

朝活にたくさんのメリットがありました。しかし、注意しなければならないこともあります。

朝一に、スマートフォンに触ってSNSなどを見ることです。

理由としては、SNSなどで巨大の情報を朝から頭に入れると、せっかくのクリアした状態の頭が台無しになります。さらに、SNSなどでネットサーフィンしながらリラックスするつもりでも、脳はとんでもなく疲労しています

そのために、朝一にスマートフォンに時間を使う事を控えるようにしましょう。

では最高の1日にしましょう!

いかがでしょうか??

朝活のメリットやおすすめに習慣について話しました。全部を取り込む必要はありません。自分のライフスタイルに合わせて、最適な朝活をしましょう。

朝活がうまくなれば、その日は最高の1日になるでしょう。さらに、積み重ねていけば、理想の自分になれるし、夢や目標を叶えることができます。

ぜひ、この機会を使って自分を変える努力しみませんか??!

-習慣化の方法
-, , , , ,